重度の障がい者に対する紙おむつの支給

重度の障がい者に対する紙おむつの支給

■重度の障がい者に対する紙おむつの支給につきましては、日常生活用具の給付事業で支給して おりまして、施設入所者につきましても必要性を調査の上、支給決定しており ます。26年度におきましては、実18人支給決定しておりまして、うち5人が重 症心身障がい者で、北海道療育園に入所している方にも調査の上、支給してい るところでございます。

■市道民税非課税者は無料、課税者は月額上限37,200円

(2015.9決算委員会質疑より)

日常生活用具の支給

紙おむつ 12,360 1月 ・3歳以上で次のいずれかに該当する者
1)脳性麻痺等脳原性運動機能障がいにより排泄の意思表示が困難な者
2)ストーマの著しい変形または皮膚びらんのため装着できない者
3)二分脊椎による排泄障がいがある者

ABOUTこの記事をかいた人

清水 まさと

●1956年 由仁町生まれ、北海道大学水産学部卒 ●活動歴 啓南中島連合町内会事務局長、 心身障害児(者)親の会会員 ●現在 党北空知留萌地区常任委員、空知町1区町内会総務 ●家族 妻、(娘、息子は就職)