市立保育所 嘱託職員の保育士が担任も 年収は正職員の35%

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

2016年第3回定例会 一般質問より(2016.9.14)

市立保育所の保育士の正規・非正規の賃金比較は

質問 保育士は、業務に必須の資格であり、職場の管理や職員間の管理指導を除けば、幼児に対する保育労働は同じ効果・重さと考える。そこで賃金の実態について、時間当たりの比較で伺う。保育士として勤務する正職員(平均年齢で、期末・扶養などすべての手当てを含む、)、嘱託職員(平均)、臨時職員(平均)の時間当たり換算値と年額の比較について。

答弁 正職員570万円(平均、38.45時間/週)、嘱託職員200万円(37.5時間/週)。(嘱託職員の年収は正職員の35%)。

時間当たりの比較・・・正職員2800円、嘱託1000円、臨時905円

勤務実態(質問後の調査で確認)

正職員・・・13名、所長2名、組担任10名(内3名主任手当)、副担任1名

嘱託職員・・・5名、担任3名、副担任2名

臨時職員・・・14名、全員が担任・副担任以外

ABOUTこの記事をかいた人

清水 まさと

●1956年 由仁町生まれ、北海道大学水産学部卒 ●活動歴 啓南中島連合町内会事務局長、 心身障害児(者)親の会会員 ●現在 党北空知留萌地区常任委員、空知町1区町内会総務 ●家族 妻、(娘、息子は就職)