保育士の賃金 5万円UP法案を5野党共同提出の快挙

IMG_0140

赤旗の1面に掲載された記事です。5野党が一致して法案を提出するとのこと。戦争法案に続く快挙が続きます。

赤旗記事

滝川では保育士臨時職員は最低賃金 予算案討論で大幅増求めました

直営保育所の正職員は5割程度で、嘱託職員と臨時職員で残り5割を補完しています。同じ保育士資格を持ち経験も同等で、責任も同じようにあるのに、臨時職員の時給は3年前で771円と最低賃金とほぼ同じです。嘱託職員の保育士も一般事務職員並み(年収200万円未満)です。子どものいのちと安全、成長を保障する賃金ではありません。

同一労働同一賃金にすぐにはできなくとも、資格と経験で採用する嘱託職員・臨時職員の給与の大幅増の検討を求めます。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 まさと

●1956年 由仁町生まれ、北海道大学水産学部卒 ●活動歴 啓南中島連合町内会事務局長、 心身障害児(者)親の会会員 ●現在 党北空知留萌地区常任委員、空知町1区町内会総務 ●家族 妻、(娘、息子は就職)